こんにちは深堀です。

加藤一二三さんって知っていますか?

加藤一二三さんは将棋棋士としてテレビにひっぱりだこになっていますね。
2017年11月の2日のニュースに加藤一二三さんが緊急で手術をしたともニュースが入ってきました。

最後までお付き合いください。
それでは行ってみましょう!

スポンサーリンク

加藤一二三のプロフィール

名前 加藤 一二三
生年月日 1940年1月1日(77歳)
プロ入り年月日 1954年8月1日(14歳)
出身地 福岡県嘉麻市

加藤一二三の病名は胆石性急性胆のう炎!

加藤一二三さんの 今回の病名について気になったので調査してみたところ

yahoo ニュースによると

「ひふみん」こと将棋棋士、加藤一二三(ひふみ)九段(77)が胆石性急性胆嚢(たんのう)炎のため、手術を行ったことが2日、わかった。手術は無事終了し、今後は術後の経過を見つつ、1週間程度入院する予定。同日、所属事務所がファクスで発表した。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000584-sanspo-ent

ヤフーニュースのこと加藤一二三さんは 胆石性急性胆嚢(たんのう)炎という病気だったとのことです。

この 胆石性急性胆嚢(たんのう)炎について調査してみると

胆嚢炎(たんのうえん)は、胆石症や細菌感染などが原因で起こる胆嚢の炎症である。急性胆嚢炎、慢性胆嚢炎、無石胆嚢炎、気腫性胆嚢炎と様々な胆嚢炎がある。胆嚢腺筋症を発症した場合は胆嚢癌との区別がつきにくいため手術で胆嚢を摘出することが多い。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%86%E5%9A%A2%E7%82%8E

初期状況では右上腹部の痛みや呼吸時の腹痛などがいることがありはって嘔吐発熱などのあるとのことです。

原因については約9割が胆石によるのとのこと

この病気については初期治療による全身状態の改善を行う必要がある
48時間以内に手術を行った方が待機手術よりも良好であると報告がされているとのことです。

今回加藤一二三さんは11月の1日から痛みを抱えていたとのことで

「出来る限り早い段階での手術が必要」との医師の判断により、当日に手術を行った。

今回担当していた石が早めに手術をするという決断をしたことが加藤一二三さんにとっても無事に手術が終えたのではないかと思います。

スポンサーリンク

加藤一二三の後遺症は?復帰はいつ?

加藤一二三さんの後遺症や復帰について気になったので調査してみたところ

後遺症については手術後の後遺症は現在のところ 特に問題はないのではないかと思います。

今回の同盟についても特に後遺症などというのはなかったので加藤一二三さんの今後の復帰についての問題はないのではないかと思います。

しかし加藤一二三さんは年齢が77歳とのことですので、
年齢を考えると体力面から少し心配がめんがあります。

加藤一二三さんの復帰についても

加藤九段は

「お医者様の判断のもと、大事をとって一週間ほど術後の休養をとらせていただきます。また元気に皆様にお目にかかれる日を心待ちにして、療養に励んで参ります」

このようなコメントされていましたので

今後加藤一二三さんの体調次第ということでしょう!

加藤一二三(ひふみん)が手術!後遺症あるの?復帰はいつ?病名は胆石性急性胆のう炎のまとめ

いかがだったでしょうか?

加藤一二三さんを調査した結果

加藤一二三さんの病名は 胆石性急性胆嚢(たんのう)炎であった
医師の判断で当日の手術を行って無事に終わったとのこと
一週間程度、療養したのち活動していきたいとのこと

また新しい情報が入りましたら
随時追記していきたいと思います。

それではまた別の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク