こんにちは深堀です。

2018/01/06 大阪大学が昨年2月の一般入試で

なんと、採点ミスがあったことを正式に発表がありました。

かなり衝撃なニュースが入ってきましたね。

そこで今回の大阪大学の採点ミスについてまとめてみました。

スポンサーリンク

大阪大学の採点ミスに30人が追加合格?

採点ミスがあったのは物理の試験らしく、採点ミスで、30人が追加で合格になったみたいです。

そこで、2018/01/06ですので、1年前の試験?

いまさら???

試験直後なら、まだしも・・・1年経っているので、受験生は他の大学に行くか、浪人してしまっているかもしません。

この情報によると、

・出題ミスの指摘を6月、8月、12月の三度受けた

・12月の指摘の時点で阪大側は出題ミスを認識

・1月6日に新合格者30名、既に阪大に在籍するが第一希望の学科でなかった9名に連絡、対応は個別に行う

発見から対応の遅れについては、

「外部からの指摘に対して、組織的対応の仕組みを構築していなかった」

ことが原因みたいです。

発表までに三度指摘を受けていたんですね。

ネットでは、今回の採点ミスの発表に

採点ミスどこかと思ったら阪大?
え、この1年分の予備校代とかどうするん…?

採点ミスを見つける執念すごいなと思いました。追加合格になった30人の方は、他の大学行ってたり浪人して大変・・・

など、今更感が多く上がっていますね。

大阪大学は新合格者全員に必要な補償を行う方針となっていますが、どのような保証なの現在不明です。

今後の対応が気になりますね。

スポンサーリンク

いまさら?怒りの声が・・

まとめ

また新しい情報が入りましたら
随時追記していきたいと思います。

それではまた別の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク